HOME > フィナロイドについて

フィナロイドについて

オオサカ堂で見つけた。フィナロイドとは何か?

噂のフサフサ毛生え薬?なんて扇情的な表現は不適切かもしれません。「フィナロイド」は、男性型脱毛症(AGA)の治療薬「プロペシア」のジェネリック薬で、フィナステリドを主成分としています。フィナステリドを主成分とする毛生え薬には、フィンペシア、フィンカー、プロスカー、フィライドなど、沢山の種類があって、「フィナロイド」もその一つ。これらはみんな本家「プロペシア」に対するジェネリック薬ですので、買い求めやすい値段設定になっています。安い!のです。しかしその効き目は、同成分であるため、まったく同一!なのです。

何を隠そうオオサカ堂は、「ハゲは、飲んで治す!」がモットーです(「ハゲは、塗って治す!」派もありますが…)。しかし、まかり間違っても、「ハゲは、カツラで隠す!」がモットーであってはなりません。これをモットーにした某社●デランスが近年、業績不振に苦しんでいるというニュースがありましたが、そりゃそうでしょう。ハゲをカツラで隠すなんて、コストがかかりすぎますし、そもそも姑息すぎます。カツラーが絶滅危惧種だとすれば、フィナラー(フィナロイド愛好者)はこれからのトレンドと言えるでしょう!

生えると評判の、ニューカマーであるフィナロイド!

男性型脱毛症治療薬「フィナロイド」の有効成分であるフィナステリドは、元来、前立腺肥大症治療薬として開発された経緯があります。前立腺肥大には、男性ホルモンであるテストステロンが大きな役割を果たしています。テストステロンは、より活性の高いジヒドロテストステロン(DHT)に変換されがちです。このDHTこそ抜け毛の原因なのですが、フィナロイドの有効成分であるフィナステリドは、テストステロンがDHTに変換されるのを抑制します。1日1回の服用を続けるだけで、発毛に対する高い有効性が確認されています。

ここで記憶に留めていただきたいのは、フィナステリドという成分名です。オオサカ堂でも、このフィナちゃんを主成分とする育毛剤は数多く取り扱いされておりまして、今回ご紹介の「フィナロイド」は、新たに登場したフィナちゃんグループの育毛剤です。フィナちゃんグループなんて言うと、風俗店舗のグループ名みたいで恐縮ですが、発毛効果はバッチグーなので、ヨロシクです。

巷間ではフィナラーが、「フィナろうぜ!」を連呼♪

いま巷間では、飲む育毛剤の最新兵器である「フィナロイド」を愛用するフィナラーが、fusafusaベイビーハッピー有頂天だよフィーバー中!篠原ともえ好きをシノラー、安室奈美恵好きをアムラー、マヨネーズ好きをマヨラー、オナラ好きをオナラーと言いますが、いま日本では、フィナステリド系男性型脱毛症治療薬の「フィナロイド」が空前のブーム。オオサカ堂のセールスにおいても、赤丸急上昇中です!フィナロイド愛用者らは自分たちを「フィナラー」と称して、ウィークエンドは育毛フィーバーしている模様です。

フィナラーの共通点といえば、男性でゲーハーであり、フィナロイド愛用者であることぐらい。老いも若いも入り混じっていますが、みんな声を合わせて、「フィナろうぜ!フィナろうぜ!」を連呼しながらデモ行進。自由と民主主義のための学生緊急行動の運動家らの集まりと衝突しても、「フィナろうぜ!」の一点張り。とにかく「フィナろうぜ!フィナろうぜ!」をバ連呼する、ゲーハー卒業したいよ願望旺盛なる男性の軍団はいま、フィナラーと呼ばれ、世間の注目を集めています!!

ページの先頭へもどる